Finishes

標準的な表面仕上げ
以下の情報は、サウスコの標準的な表面仕上げの性能特性について,一般的ガイドラインを提供するものです。特定の製品あるいは仕上げの特徴に関するご質問は、サウスコ・アプリケーション・エンジニアまでご相談ください。

亜鉛メッキ、クロメート+シーラー処理
現在において、サウスコの標準的な表面処理です。この高耐食性金属表面処理(無機物)は、腐食防止に著しく優れています。"高耐食性"とは、このメッキが基材の腐食をほぼ完全に防ぐことを意味します。この仕上げは、たとえ基材にまで傷が達していても腐食を防ぎます。ほとんどのアプリケーションにおいて、厚さが約0.013mm(0.0005)の部品にASTMB117またはISO9227で144時間、5サイクルの湿気の多い二酸化硫黄テスト(ASTMGー87)で赤錆を発生させない典型的な性能を提供します。この仕上げには、視覚的にも機械的特性の観点からでも斑のない一貫性のある滑らかな表面を持っています。また、ASTMB633、BS1706、DIN50961およびAS1789によって概説されているように通常の亜鉛メッキの仕様を超えています。

亜鉛合金メッキ
高耐食性金属表面処理(無機物)は、腐食防止に著しく優れています。標準的な亜鉛メッキのプロセスと似た性質をもちながら、亜鉛メッキ処理中に僅かな比率の他の合金材を含んでいる亜鉛合金メッキは、凹部において通常の亜鉛メッキよりも優れた効果を発揮します。部品の厚さ約0,013mm(0.0005)での光沢クロメートとシーラーを持つ亜鉛合金は、平均して、300時間を超える塩水噴霧試験(ASTM B-117)および4サイクルの湿った二酸化硫黄試験(ASTM G-87)で赤錆の発生が確認されません。

自動車部品や他の産業用で特に耐食性が必要とされる亜鉛合金メッキにも特別注文が可能です。詳細については電話でお問い合わせください。

亜鉛メッキ
高耐食性金属表面処理(無機物)は、腐食防止に著しくれています。さらに金属部品に魅力的で明るいメタリック仕上げも加えます。亜鉛メッキは、様々なクロメートカラーとリン酸塩が可能です。亜鉛メッキはASTM B-633を満たし、ASTM B-117での96時間の塩水噴霧試験ではクロメートに応じて赤錆の発生が確認されません。

粉体塗装
高分子樹脂を使用して幅広いカラーと光沢の魅力的な仕上がりを提供します。さらに、優れた耐食性を基材金属と環境に提供しますが、仕上がり面に傷が付いた場合に腐食する可能性があります。

クロムとニッケルメッキ
共に耐薬品性と耐久性に優れた仕上げです。亜鉛メッキよりも装飾性は高いものの耐食性に劣ります。

黒色有機仕上げ
黒色有機仕上げ

メッキされた部分を溶接するときは、適切な換気と人的安全を保証する注意を払う必要があります。

その他の仕上げに関しては、殆どの製品に特別注文で対応できます。特定のアプリケーションについては、最寄りのサウスコ担当者にお問い合わせください。

メタル・コーティングス・インターナショナル(株)による登録商標